【保存版】改名申請をする際、必要な書類を全て教えて!

こんにちは、姓名判断師の向井彌哲です。

前回は、改名手続きについてご紹介しましたが、だいたいの流れは掴めたでしょうか?

全体の流れがわかったら、さらに一歩進んで、改名に必要な書類をの詳細をご紹介したいと思います。

手続きに必要な書類とは

 

名の変更申し立ての際、家庭裁判所に提出する書類は以下となります。

・名の変更許可の申立書(15歳以上)

改名の申立書には、申し立て人の基本情報(住所、名前、生年月日など)、改名理由(申し立ての実情)を書きます。

申し立て書のダウンロードおよび、記入例については、下記URLからダウンロードして頂けます。

⚫裁判所 名の変更許可の申立書(15歳以上)
http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_kazisinpan/syosiki_01_20/index.html

※書式のダウンロードは「名の変更許可申立書」をクリック
※書式の記入例は(名の変更許可(15歳以上)をクリック

また、申し立て書の記入ポイントなどの詳細は、また別の機会に、ご紹介したいと思います。

・戸籍謄本/全部事項証明書

申し立て本人の戸籍謄本を役所で貰います。(本籍地が他都道府県にある場合は、郵送でも取寄せ可)

上記の証拠品を、過去5年くらいに遡って集めれば、実績として充分ではないかと思いますが、特に公共料金の実績は、有効な判断材料とされます。

電気、ガス、水道の名義は電話で簡単に通名に変更可能ですので、今から実績作りを始める方は、まず、最初に行われると良いでしょう。

・収入印紙800円と郵便切手/82円切手×5枚

 
収入印紙は、名の変更申立書に貼り、郵便切手は、裁判所が連絡用に使用します。
 

この他には、定期券、ポイントカード、診察券、美容院の会員カードなど、多ければそれだけ有利になります。

名の使用実績は最低で何年必要なの?

名の使用実績は、社会上どれだけ浸透しているかを計る、重要な判断材料となります。

一昔前では、5年〜10年と言われてましたが、現在ではその期間は短くなっていて、現在は早い人だと1年くらいで許可が下りた人もいるそうです。

私が思うに、実績でも公共料金と併せて、仕事で使用したと思われる請求書や領収書(納品書)などがあると、社会上広く認められていると判断され、比較的短い期間で許可されるように思われます。

まとめ

・名の変更申立には、申し立て書などの定められた必要書類が必要
・名の使用実績を証明する資料は、最も重要な書類である
・使用実績は通常5年分必要だが、内容によってはもっと短い期間でも許可が下りる場合もある

最後までお読みいただきありがとうございました。

※姓名判断での画数の数え方は、辞典にある画数とは異なり、非常に奥深く、素人判断では危険です。子供の名付け、鑑定、改名など、ご相談は、ホームページ上段の「お問い合わせ」から、ご連絡下さい。

コメントする

ニックネームとコメントを入力して送信して下さい。

CAPTCHA


内容をご確認の上、送信してください。