【必見】「小泉進次郎と小泉孝太郎」が違う世界に進んだのは名前のせい?

こんにちは。
姓名判断師の向井 彌哲です。

 

今月17日に、小泉進次郎の妻でフリーアナウンサーの滝川クリステルさんが第一子を出産しました。それに伴い、小泉進次郎が育休取得を宣言したことでネットでは様々なコメントがあるようですね。

 

このニュースでお兄ちゃんの「小泉孝太郎」も、コメントを記者から求められていましたが、今回は「政界」と「芸能界」という違う世界に進んだ二人の名前を彌哲流の観点から解説したいと思います。

 

二人の名前はどんな影響を受ける画数なの?

 

このお二人の、名前の画数は下記となります。

 

 

この画数の配置を観ると、専門家もしくは、何かしら姓名判断を参考にして付けた名前である事は一目瞭然です。それだけお二人とも良い名前であると言えます。

 

まず「小泉進次郎」の性格・気質を画数から分析すると以下が考えられます。

 

  • 明るく陽性の性格
  • 良い意味でドライで情に流されない
  • バランス良い損得勘定に長けた判断ができる

 

この根拠は、性格、気質に影響を与える主格という部分が24画である事です。この画数は「金運安定運」といって、非常に金運が良い画数です。

 

この画数が主格にあると性格や気質は、お金のイメージに直結するのか、上記のようなドライベースになる再現性が確認できています。

 

次に、お兄ちゃんの「小泉孝太郎」の性格・気質を画数から分析すると下記となります。

 

  • 性格は明るく陽性
  • 人懐っこく、人から好かれる
  • 情に厚く親分肌のところがある

 

この根拠は、主格の画数が「出世運」の16画である為です。出世するという事は、人から引き立てられる事も必要ですので、ある意味、周りの人から好感を持たれる武器があるという事です。

 

このイメージに直結するのか、この画数が主格にあると「人懐っこさ」を持ち、人から好かれ得をする性格になる再現性が確認できています。

 

政界と芸能界に別れた理由も画数にあるの?

 

お二人のお父さんは、あの元総理大臣の「小泉純一郎」である事は、皆が知っていると思いますが、普通に考えれば、サラブレッドであり強力な地盤があるのですから、小泉進次郎が政治家になった事にはあまり驚きはありませんよね。

 

資質に影響を与える総格も47画の天恵運で、どの分野でも頭角を現す実力とツキを兼ね備えた大吉運です。人が進む道というのは、育った環境や生活において触れた事や見た事に左右されますので、選んだ道で発展する画数を持っていると言えます。

 

しかし、小泉孝太郎の場合は、名前に左右されたと言える画数です。その根拠は資質に影響を与える総格が37画である事です。

 

この画数は「独立独行運」といって自由業で成功する画数で、職人や俳優など、一芸に秀でた人の多くが持つのが特徴です。

 

総格37画の有名人は、「黒澤明」「蜷川幸雄」「萩原健一」「松田優作」「豊川悦司」などがいますが、他にもスポーツ選手や芸能人で成功した多くの人が付けている画数です。

 

この画数が総格にあると、自由業(自分の好きな事)で生計を立てることに憧れを持つ為、その道に進む再現性の確認が取れています。彌哲流の観点から言うと、小泉孝太郎が政界に進まなかったのは、この総格の影響が大きいと断言できます。

 

このお二人を見ると、人は名前に強く支配されている事を改めて確認できるケースに感じたのですが、皆さんは如何でしょうか?

 

まとめ

 

  • 二人の性格は明るく陽性だが、進次郎がドライで孝太郎は情に厚い真逆の面がある
  • 姓名判断的には、二人とも大吉数の画数である
  • 進次郎の名前は、どの分野でも成功できる画数
  • 孝太郎の名前は、芸能界のような自由業で成功する画数

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

※姓名判断での画数の数え方は、辞典にある画数とは異なり、非常に奥深く、素人判断では危険です。子供の名付け、鑑定、改名など、ご相談は、ホームページ上段の「お問い合わせ」から、ご連絡下さい。

2回の戸籍改名、3つの名前を経験。 姓名判断師としても多くの方の鑑定することで知り得た 「名前の持つ本質」ともいえる不思議な力。

名前の影響力を自分のものにして 理想の自分や人生を創り上げるための秘訣を ぎゅっとまとめて無料で公開しています。

詳しくはこちら

コメントする

ニックネームとコメントを入力して送信して下さい。

CAPTCHA


内容をご確認の上、送信してください。