【保存版】改名が認められました!この後どうすればいいの?

こんにちは、姓名判断師の向井彌哲です。

家庭裁判所より、改名が認められたら、即、新しい名前を名乗りたいですよね。

しかし、改名許可が下りてすぐに、公的に新しい名前を名乗れるものなのでしょうか?

それとも何か手続きが必要なのでしょう?

今回は、そんな疑問について、ご案内したいと思います。

改名を許可されたけど、何か手続きは必要なの?

家庭裁判所に改名の申し立てをして、結果が判明するまでは、通常は1ヶ月程要します。

改名手続きの具体的な流れは、以下となります

手続きの流れ(一般的な流れとなります)

①改名申し立て

②審理(参与員の聴き取り・書面照会・審問)

③審判(裁判官の判断)

④結果連絡(審判謄本)

           

許可        不許可(2週間以内なら不服申し立てが可能です)

ここまで約1ヶ月(目安です)

⑤市区町村役場にて手続き

⑥名の変更届け

⑦戸籍名の変更

以上の流れとなります。

改名が許可された場合どのような連絡がありますか?

家庭裁判所で審理の結果、改名が認められると、

自宅に「審判書謄本」が送られてきます。

審判書謄本の主文には、申立人の名前を◯◯(新しい名前)に変更を許可する旨が書かれています。

この改名許可が下りるまでは、一般的には申請から目安で約1ヶ月ですが、充分な使用実績を用意できた場合は、家庭裁判所からの呼び出し(審問)はなく改名が許可されるケースもあります。

私の場合は、幸いにもこのケースに当てはまり、申請から約2週間で改名許可が下りました。

名の変更届とは

改名が認められると、家庭裁判所から送付される「審判書謄本」を持参の上、市区町村役場で

「名の変更の届出をする」

必要があります。(住所地で届出をする場合には、戸籍謄本も必要となる場合があります)

名の変更届とは、家庭裁判所からの改名許可が下りた場合、市区町村へ届出する事です。

市区町村へ届出して、戸籍上の名前は変更となりますので、くれぐれもご注意下さいね。

万一、審判書謄本を紛失すると、再度交付申請を行う必要が有り時間も費用もかかりますので、この点も注意してください。

名の変更届の手続きの概要

【届出の期間】 家庭裁判所から、名の変更許可後 
【届出人】 名を変更する者(名を変更する者が15歳未満の場合は、その法定代理人)
【届出先】 名を変更する者の本籍地または住所地の役所
【必要書類】 ・名の変更届 ・審判書謄本 ・戸籍謄本※(全部事項証明) ・印鑑・身分証明書
※届出先に本籍がある場合は不要

名の変更届の書き方

【届出の日付欄】届出年月日を記入
【届出先欄】住所地の自治体名を記入
【名を変更する人の氏名欄】変更前の名前と生年月日記入
【住所欄】現在の住所地と世帯主を記入
【本籍欄】現在の本籍と筆頭者を記入
【名欄】変更前の名前と、変更後の名前と読み方を記入
【許可の審判欄】裁判所の審判日(改名許可した日)を記入
【届出人署名押印欄】: 届出人の変更前の名前で署名押印

まとめ

  • 改名が認められると、家庭裁判所から「審判書謄本」が送付される
  • 家庭裁判所で改名許可が下りても、戸籍名は変わらない
  • 「名の変更届」を住所地の役場へ届け出をして戸籍名の変更となる

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

※姓名判断での画数の数え方は、辞典にある画数とは異なり、非常に奥深く、素人判断では危険です。子供の名付け、鑑定、改名など、ご相談は、ホームページ上段の「お問い合わせ」から、ご連絡下さい。

コメントする

ニックネームとコメントを入力して送信して下さい。

CAPTCHA


内容をご確認の上、送信してください。