【3分でわかる!】改名したいけど、何から始めれば良いのかわかりません!

こんにちは。姓名判断師の向井 彌哲です。

改名について全体の流れと詳細が分かりましたら、早速実行に移したいところですが、戸籍の改名は、以前にもご紹介しましたが、家庭裁判所に申請したからといって即変更できるものではありません。

戸籍の改名を行うには、家庭裁判所へ「名の変更が必要な理由を証明する資料」を提出することが大前提となります。

この「名の変更が必要な理由を証明する資料」というのは、もう少し分かり易く説明すると、改名しないと社会生活に支障が出る事、つまり「実生活において改名したい名前を使用している事を証明する資料」になります。

本ブログの趣旨から、この条件を満たすものとしては、戸籍の改名理由として一番多い

「通称名の永年使用」

についてご紹介させて頂きます。

 

戸籍の改名を行う為に必要な事

STEP1 通称名を決める

改名を行う場合には、当然、改名後の新しい名前「通称名」を用意する必要があります。

姓名判断師の私としては、「名前は人の人生を支配する」と確信がある事から、ここでは慎重に画数なども吟味して決めて頂きたいところです。

現在は、簡単にインターネットで名前の画数を調べる事ができますが、姓名判断における漢字の画数の数え方は、基本的に学校で習ったものとは異なり、また、流派によってもそれぞれ違います。

その為、サイトによっては、全く違う鑑定結果となる場合がありますし、また、鑑定師によっては実際に人を見て検証することをせず、本だけの知識で鑑定している人もいます。

その為、通称名を決める際には、自身で姓名判断師のサイト、ブログなどを見て自分の納得できる鑑定師もしくは、サイトに委ねるしかないでしょう。

 

STEP2 通称名を実際に使用する

通称名が決まったら、実際にその名前を使用して、社会生活を送るようにします。

とは言っても、通称名の使用範囲には制約があり、公的ではない場面での使用に限られますので、身分証明証の提示が不要な場面では、できる限り本名ではなく通称名を使用しましょう。

なお、社会生活において通称名を使用できる、主なケースは下記となります。

  • 手紙(年賀状・挨拶状)
  • 公共料金(ガス・水道・電気)
  • ポイントカード(会員・メンバーズカード)
  • ネット関係(通販・SNSやブログ)
  • 学生証
  • 定期券(通名登録の場合、払戻には対応して貰えない場合もあるのでご注意下さい)

 ※上記をコピーした物の提出を求められます。

本名を提示する必要がある場面で、安易に通称名を使用すると、相手によっては「偽名・詐称」と受け取られる場合もありますので気をつけましょうね。

 

STEP3 使用実績を残す

社会生活において、通称名の使用が定着しましたら、郵便物や宅配の送り状など、自然と使用実績が増えてきます。

家庭裁判所に使用実績として認めてもらうには、その実績に何年前から通称名を使用しているのか判断できる為に

「日付が記載されている事」

が必須条件となります。

私が改名した頃は、この使用実績は最低5〜10年必要と言われていましたが、近年はキラキラネームなど、生活に支障が出るケースが認知されてきた影響もあり、もっと短い期間で改名ができる事もあるそうです。

要は担当した裁判官が、短期間でも社会的に通称名が定着していると判断するか否かで決まるのですが、いずれにしても充分な使用実績を用意できれば有利である事は間違いありません。

上記に記載した、年賀状や公共料金の領収書などは貴重な使用実績となりますので、破棄せずに年度別にファイリングして、審査の際、分かりやすいようにして提出する準備をするのも良い印象を与えることになるでしょう。

 

STEP4 家庭裁判所へ申請する

事前に通称名の使用実績の収集が出来たら、さぁ!いよいよ家庭裁判所へ改名申請を行いましょう。

改名の申し立ては、お住いの地区を管轄している家庭裁判所へ行う事になりますが、申請には収集した使用実績と併せて家庭裁判所に提出が義務付けられた下記書類などが必要となります。

  • 名の変更許可申立書
  • 戸籍謄本/全部事項証明書
  • 収入印紙800円
  • 連絡用の郵便切手/82円切手×5枚

※収入印紙、切手は裁判所内の売店で販売している所もあります。

各地域の家庭裁判所及び、名の変更許可申立書は、下記URLから確認とダウンロードして頂けます。

●各地の裁判所一覧
http://www.courts.go.jp/map_list/index.html

●裁判所 名の変更許可の申立書(15歳以上)
http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_kazisinpan/syosiki_01_20/index.html

 

まとめ

改名申請には、以下のことが必要

・通称名を決めて社会生活で実際に使用する
・使用実績は破棄せず使用年度がわかるよう保管する
・使用実績は、長い期間かつ、多いほど有利
・通称名の使用実績と必要書類を家庭裁判所へ提出する

最後までお読みいただきありがとうございました。

※姓名判断での画数の数え方は、辞典にある画数とは異なり、非常に奥深く、素人判断では危険です。子供の名付け、鑑定、改名など、ご相談は、ホームページ上段の「お問い合わせ」から、ご連絡下さい。

コメントする

ニックネームとコメントを入力して送信して下さい。

CAPTCHA


内容をご確認の上、送信してください。