【3分でわかる!】姓名判断でリーダー(1番)になりやすい画数ってありますか?

こんにちは。姓名判断師の向井 彌哲です。

 

私は、新生児の名付け、個人事業主の方への

姓名判断を主に行っておりますが

特に自由業の方からの姓名判断の依頼には

良い影響を与える、強い吉数が含まれてなければ

改名(通称名の使用)を勧めております。

 

現在、オリンピックが開催中ですので

話題にあげたいと思いますが

フィギュアスケートで活躍した

「羽生結弦」「宇野昌磨」「宮原知子」

この3人が、その強い吉数を持っていました。

 

主要3運である、主格、外格、総格はいずれも

大事ですが、ここでは資質、素質や全体運に

影響する総格で観てみます。

 

「羽生結弦」31画

「宇野昌磨」41画

「宮原知子」31画

 

この末尾に『1』がある上記画数は、主にリーダー運と呼ばれ、仲間の中で頭角を現し、先頭に立つ画数です。芸能人や実業家など、著名人の多くがこの画数を持っています。

31画は、別名、『美男美女運』とも呼ばれ、端正な容姿の人が多いです。特に女性には大吉数で、『才色兼備』の影響を受けます。「宮原知子」は、子供の頃の映像は子猿さんみたい(ゴメンナサイ)でしたが、今は女性らしくなり、凜とした雰囲気があります。

また、「羽生結弦」もイケメンですよね。男性の31画は、特に自由業の場合、大成する傾向があります。そして「宇野昌磨」の41画は、最大実力運とも呼ばれる、強いリーダー運です。

 

今回、ご紹介した画数は

世間の荒波を生き抜くには

お薦めの画数※ですよ。

 

※姓名判断での画数の数え方は、辞典にある画数とは異なり、非常に奥深く、素人判断では危険です。子供の名付け、鑑定、改名など、ご相談は、ホームページ上段の「お問い合わせ」から、ご連絡下さい。

 

 

 

 

コメントする

ニックネームとコメントを入力して送信して下さい。

CAPTCHA


内容をご確認の上、送信してください。