【3分でわかる!】戸籍の改名って出来ますか?

こんにちは。姓名判断師の向井 彌哲です。

日本では、戸籍名の改名を行う場合『家庭裁判所』への申請・許可が必要な為、ハードルが高く感じます。

 

実際、私が改名を認可され、家庭裁判所からの改名許可の書類を持って変更手続きに行った際、区役所の担当者も一瞬、驚いていた様子でした。

 

当然、その後に行う銀行、携帯会社、クレジットカードなどの変更手続きにおいても、各社担当者が「えっ!」とか、最初から、姓が変わったと決めつけて対応されたりなど、身近なものではないんだと分かってはいましたが、改めて感じました。

 

お隣の国、韓国では法律が改正され、名の改名が国民の権利のようになり、今では『30%』以上の国民が、改名しているようです。

 

余談ですが、大問題になった韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の事件が明らかになった一昨年10月以降、同姓同名の「パク・クネ」さん達の改名申請が相次いでいるそうです。

 

何故、韓国では簡単に改名できて、日本では簡単ではないのか理由は良く分かりませんが、しかし長ら、日本の戸籍改名の申請は意外に多く、年間『6000件』以上有ります。

 

認可される率も高く

約『70%』

認可されています。

 

結論から言うと、日本も改名できる可能性は高いという事です。

 

このブログでは、『戸籍の改名』の詳細についてもご紹介していく予定です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

※姓名判断での画数の数え方は、辞典にある画数とは異なり、非常に奥深く素人判断では危険です。名付け・鑑定・改名などのご相談は、ホームページ右上段にあるメニューの「ご依頼フォーム」から、ご連絡下さい。

2回の戸籍改名、3つの名前を経験。 姓名判断師としても多くの方の鑑定することで知り得た 「名前の持つ本質」ともいえる不思議な力。

名前の影響力を自分のものにして 理想の自分や人生を創り上げるための秘訣を ぎゅっとまとめて無料で公開しています。

詳しくはこちら

関連記事もチェック!

  • 関連記事はありません

コメントする

ニックネームとコメントを入力して送信して下さい。

CAPTCHA


内容をご確認の上、送信してください。